セレブファッションは、有名人や著名人のスタイルで、彼女たちが愛用しているブランドやアイテムを使ったコーディネートのことも指します。「セレブファッション」は、90年代から登場した言葉で、ハリウッドスターや有名モデル、実業家など、富と名声を手にした成功者をその家族のファッションのことを指します。


大概は女性セレブのファッションに的を当てています。彼女たちがメディアに露出する機会が増えると、身につけているものも注目されるようになりました。


セレブ愛用のアイテム、ブランド、ショップを利用することがステータスと考えられるようになり、現在は、得にLAから輸入したものが人気です。


セレブ達がパーティーで着こなしているドレスのようなもの、デニムやTシャツ、バックなどといった日本でも手に入りやすいものをつかって、セレブ気分を楽しむ方法もありますし、高級なものを身につけること自体をセレブファッションと呼ぶこともあります。

セレブカジュアルとは、デニムを基本としたセレブの普段着をまねたスタイルのことを指します。現在は美脚デニムから太めのシルエットのものに移行しています。日本でのセレブカジュアルの火付け役はScawaiiやViViなどの10代、20代のギャルの女性をターゲットにしたファッション誌。安室ちゃんやあゆのファッションをまねしていた娘たちが、あゆ等の人気の低迷とともに海外セレブに移行していきました。

現在の日本のセレブカジュアルに、ロゴの入ったタンクトップやキラキラのベルトは欠かせません。こういったロゴやキラキラはギャルの名残です。

セレブカジュアルスタイルは、くせのあるデザインのアイテムが多く、ボディラインのはっきり出るものが主流なのでファッション力以上にかなりのスタイル維持が必要となってくるでしょう。

パリスヒルトンは、LAでNo.1のゴシップクイーンの一人です。高校を卒業後、モデルとして芸能活動活動を開始。その後、LAセレブとの恋愛沙汰でタブロイド紙を相当にぎわせました。


シンプルライフというコメディー番組に親友の二コールと共に出演。これがパリスブームを巻き起こします。「ズーランダー」「ワンダーランド」「ハッとしてキャット」「蝋人形の館」などにも出演。


また、姉のニッキー・ヒルトンと共に社交界を代表するスターに。ハリウッド・セレブのパーティーファッションがここまで注目されるようになる文化もパリスが作りました。


そして最近では、獄中セレブとしても話題に。出所後のインタビューでは、「社会福祉に貢献したい」「生まれ変わった」と、以前のパーティー大好きギャルとは程遠い発言をしていました。

映画の街ハリウッドはLAファッションの中心でもあります。特にセレブに人気なのはRovertson Blvd。セレブが集まる最もホットなスポットであり、パパラッチにとってもホットな場所のようです。<br><br>
人気ナンバーワンはキットソンというセレクトショップ。パリス・ヒルトンや二コール・リッチー、ブリトニー・スピアーズといったセレブ達が通い詰めています。<br><br>
これだけ多くのセレブ達が一か所に集中するエリアはロザンゼルス内でも珍しく、パパラッチにとって格好の撮影場所になっています。<br><br>
このあたりのレストランやセレクトショップでは常にパパラッチが張り込んでおり、セレブが姿を現すと、一瞬で群がってきます。そして、それらの写真がゴシップ紙を飾り、それがそのままLAファッションの流行となるのです。

今、バックといえばバレンシアガ!というくらいバレンシアガのバックが人気です。ニッキー・ヒルトン、サラ・ジェシカ・パーカー、ケイト・モス、ニコール・リッチーなど
多くのセレブが愛用しています。国内でも、浜崎あゆみを筆頭に、芸能人が多く持っているのを目にするようになりました。


もともとはクリストバル・バレンシアガが1937年、パリのジョルジュ・サンク通りにメゾンを設立したのが始まりで、同年秋、パリ プレタポルテ・コレクションに初めて参加しました。女性服の革命者と呼ばれるポール・ポアレに師事し、シンプルとエレガンスの父と呼ばれるエドワード・モリーヌに感化されたバレンシアガは、シンプルでありながら芸術性も高く、クチュールの建築家とも呼ばれ、親しまれています。今期はキイロやピンクなどのネオンカラーのものが人気です。

現在は離婚騒動、奇行問題と、ゴシップクイーンとして有名なブリトニースピアーズですが、実はものすごい経歴の持ち主なんです。なんと芸能界入りは8歳。14歳でレコード会社と契約し、デビューシングルの「...Baby One More Time(ベイビー・ワン・モア・タイム)」(1998年10月)」はなんと全世界で915万枚もの売り上げを記録しました。


今世紀最も売れた女性アーティストとして正式に認定されていて、これまでにリリースした4枚のオリジナル・アルバム全てが全米チャートNo.1を獲得。全世界ではトータル・セールス8700万枚以上を誇る売れっ子なのです。


輝かしい経歴を持つ彼女ですが、結婚を機に様々なゴシップが入り乱れました。ドラッグやアルコール依存問題も浮き上がり、親権も元夫のケヴィンに持っていかれてしまったため、今でも精神的な安定を得ることができないのか、奇行が目立ちます。


2007年は1年で消費した金額なんと64億円だとか!常にパパラッチに追われ、ストレスの発散する場もなく、心の置き所がない状態でかわいそうな感じです。

今、セレブの間で人気なのがローフードダイエットです。国をあげて健康への研究が盛んなアメリカで、2年ほど前から大流行しています。


女優デミー・ムーアは映画の撮影前にローフードダイエットを始め、肌の輝きが増したそうです。デザイナーのドナ・キャランにいたっては、なんと18キロもの減量に成功したとか。常にダイエットを意識し美を追求するセレブ達に人気とは、期待できますね。


ロー(row)は、生の意味で、食材一つ一つをできる限り生に近い状態で食べることで、健康と美容を追求した食事をとるダイエットをローフードダイエットと言います。


科学的には生のまま食べるため素材の栄養や酸素を丸ごと摂取できるので、体の抵抗力や体力がつき、血液の不純物も浄化され、よって肌や髪が艶やかになるそうです。


最近話題のエンザイムも最も新鮮な状態で摂取できるため、肌や目の輝きも増すといわれているのも注目にされるポイントのようです。

セレブパーティーと称した富裕層向けのドレスパーティーが、六本木、青山、麻布といったお洒落な街を中心にいたるところで開催されています。


会員制の年間数十万円を納めなければならないようなものばかりでなく、一回の参加費が数千円、数万円といったお手軽なものもあります


日常とは少し違うセレブの晩餐会のような気分を味わおうと、普段はOLやサラリーマン、といった人も来ますし、リッチな男性を求めて女子大生などが参加している場合もあります。


女子大生などは、得に、「セレブ会」と称したサークルを結成し、他大学のお金持ちの男性とセレブパーティーを開き、合コンのようなことをしている人たちもいます。


ドレスを着て、シャンパンを手に優雅に会話・・・そういった非日常的な空間でちょっと大人の時間を味わってみるのも、たまにはいいかもしれません。

日本でも最近人気の海外セレブ、ニコール・リッチー。パリスの高校の同級生で、親友ということで一躍有名になりました。パリスと、シンプルライフというバラエティー番組にも出演。大物歌手ライネオル・リッチーの幼女で、ハリウッドヤングセレブの一人です。



パリスとつるんでいた頃はかなりのぽっちゃり体系で、スタイリストを変えたことで激やせし、今ではファッションアイコンとなっています。日本の雑誌でも、海外セレブのファッションといえば二コール!という感じです。


ただ、あまりの激やせで精神的、健康的に崩れていった部分もあるようで、「彼女は私に悪い影響を与える」と言って、二コールはスタイリストを解雇してしまったそうです。


最近では、自身のジュエリーブランドや出産を機にしたベビー服ブランドも立ち上げ、デザイナーとしても活躍しています。今後の活躍がとても気になるセレブの一人ですね。

今、セレブのゴシップが爆発的な人気を見せています。海外セレブの羞部が売り。恋愛沙汰(特に破局もの)から美容整形での容貌の変化、クラブでの豪遊などセレブの日常を切り取ったゴシップがあふれています。


セレブのゴシップ雑誌も驚異的な売上をたたき出していて、某有名海外セレブゴシップ雑誌は、なんと1ヶ月に14万部も売れるそう。出版物の不景気の中、とんでもない数字です。


有名どころではパリス・ヒルトン、ニコール・リッチー、ブリトニー・スピアーズなどが人気。


当り前のように入ってくるドラックや整形、飲酒運転など日本ではありえないゴシップが新鮮なのかもしれません。日本のセレブと呼ばれるような人たちが普段明かさない派手な遊びや買い物も物珍しいですよね。日本で同じゴシップが流れれば、それこそ相当な騒ぎになりますから。


ただ、そのゴシップを提供してくれるパパラッチの不摂生な行動は、少し問題になっているようです。


24時間自由な時間を失ったセレブ達は、ブリトニー・スピアーズが騒動を繰り返すのでもわかるように、相当なストレスを抱えているようです。

カテゴリ

月別アーカイブ

DESIGNED BY